じゃがいもは炭水化物なのか?炭水化物量とダイエット効果を調査!

スポンサーリンク
じゃがいもは炭水化物なのか?炭水化物量とダイエット効果を調査!

,#ダイエット,#健康,#栄養素,#太る,#効果,#じゃがいも,#炭水化物
じゃがいもは炭水化物なのか?炭水化物量とダイエット効果を調査!

南アフリカアンデス地方の高地が原産と言われ、じゃがいもはナス科の多年草の植物です。農作物の分類では野菜なんですが炭水化物量も多くカロリーがとても高いイメージがあります。はたしてダイエットに向いている食材なのでしょうか?じゃがいものでんぷんは片栗粉の素になる素材です。食べるとお腹もすぐに満腹になり太る原因にもなりそうです。じゃがいもには痩せる栄養素は含まれているのでしょうか?

じゃがいもの主な成分は水分が80%で残りの20%が栄養素です。栄養素とは、炭水化物や食物繊維、ビタミンC、ビタミンB1、B2、B6、カリウムと多くの栄養が詰まった野菜です。このじゃがいもに含まれるビタミン群の主な効能は、ビタミンCがしみやそばかすなど美肌効果に良いとされている栄養素で、カリウムは高血圧の抑制やむくみなどに効くと言われています。このようにじゃがいもには多くの栄養が詰まった野菜なのです。
炭水化物は一般的に太ると言われておりダイエットをしている方には敬遠されている食材ではないでしょうか。また、炭水化物と言われると主に主食とするごはんやパン、パスタなどの麺類を思い浮かべませんか?そしてダイエットをしよう決めた時に一番外す食材のひとつです。じゃがいもには炭水化物が含まれていますが、どの位炭水化物量が含まれているのか、またダイエットに効果があるのかなど詳しく紐解いてみたいと思います。
そもそも炭水化物とはどの様な物質なのでしょうか?商品の裏面に記載されている様に炭水化物とは糖質+食物繊維のことなのです。糖質とは人間が体を動かすための主なエネルギー源です。食物繊維は腸内環境を整えるためにさまざまな機能を発揮している物質でもあります。炭水化物と糖質は取りすぎは太る原因となり体にあまりよくないと言われていますが、食物繊維は積極的に取りたい栄養素のひとつなのです。
炭水化物はなぜ太ると言われているのでしょうか?ここで炭水化物のメカニズムを紹介したいと思います。ごはんやパンなど糖質を多く含む食べ物を摂取すると消化する過程でブドウ糖が生成されます。炭水化物量を代謝以上に摂取した場合血糖値が急激に上昇していきます。また血糖値を下げようとしてインスリンが分泌され、この状態のときにブドウ糖は中性脂肪へと変わり体の脂肪細胞へとため込んでしまうのです。

でんぷん-炭水化物の一種です。じゃがいもの

コメント